一口にインフルエンザといっても、タイプ別にその症状には細かい違いがあります。
タイプ別として、原因ウィルスは「A型」「B型」「C型」が代表的です。

「B型」に感染すると、主に消化器系に症状が現れます。
腹痛や下痢といった症状が代表的ですね。
熱はA型よりも低めで、長期間続く傾向があるようです。

一般的なインフルエンザ「A型}の症状は風邪とよく似ています。

そのため、インフルエンザの感染に気づくのが遅れてしまい、
病院での治療も遅れてしまうこともあるようですね。

風邪とインフルエンザの最もたる違いは、全身症状です。インフルエンザに感染すると通常の風邪では現れないような強い倦怠感、食欲不振、筋肉痛が現れます。また、発熱もインフルエンザでは38℃以上となることが多く、風邪の発熱に比べて高くなります。