すって見て楽しいはずのスライサーの落とし穴?

たまには「大根サラダ」を作ろうと、お昼の仕度に立った。
買ってきたばかりだったので断面がみずみずしい。(うまそう♪)

調理といっても、ダイコンを薄くスライサーですって千切りにするだけの簡単なもの(笑)
味付けは市販の好みのドレッシングで十分! ふふッ♪

食べたい分量のダイコンを調子よく、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ。
アッという間にダイコンが小さく薄くなってきた。

残りを捨てようか?….でももったいないよな?….まだすれるかなあ?

まだすれるかも……。

もったいないから、することにした。

・・・と、ここでやめとけばよかったものを、後悔先に立たずだった。

残りの三枚目をすったその瞬間!ダイコンならぬ自分の親指の先をすってしまった。

ジワジワと血がでてきたので、もったいないのでカットバンで止血した。
止血とはおおげさだね~(笑)

「ほどほど」でやめておけばよかったのに、アホだね~。

指をすってしまったことは計算外だったけど、
「ほどほど」と言う言葉はわたしの好きなことばのひとつ。

全てに対して、「いいかげんにその辺でやめたら?」の意味合いにとれるから。

●口げんかも「ほどほど」にしたら?本気のケンカになっちゃうよ。
●遅くまで頑張るのも「ほどほど」にしたら?カラダこわすよ。
●親切も「ほどほど」にしたら?相手が迷惑な時もあるんだから。
●相手をこき下ろすのも「ほどほど」にしたら?傷ついてるのがわかんないの?
●「ほどほど」でやめないとケガするよ。

「ほどほど」の言い回しにはやさしさを感じる。

上げたらきりないくらい、表現できることばだよね。

それがわかっていながら、
ダイコンすりも「ほどほど」でやめておけばケガしないで済んだものをね。

おもわずカットバンの指先を見てしまった(笑)

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ