バレンタインチョコ ひとくちメモで二倍美味しい明治チョコレート

チョコレートは口どけのよさが一番!

口の中でゆる~く融ける、あの食感がいいんですよね~。

おいしいメーカーはたくさんあるけど、個人的な好みでいわせてもらうと
明治チョコレートの「ミニチョコレート33枚入り」は大好きなチョコレートの
ひとつなんですよ♪


中身はブラック、ミルク、ハイミルクチョコの3種類。
ちょっとの量で3種類の味が楽しめる。
一枚がほどよい分量なので、たべすぎることなく気にいってます。

何といってもお得感がいっぱい!
一袋に3種類のチョコが33枚もはいっているの。
コーヒーといっしょに、ぽつりぽつり食べても結構日持ちがいい。

義理チョコで職場に持って行くには、とっても便利!

義理チョコとしてのバレンタインチョコは、男女問わずだれでも
食べていいように、職場のデスクに大袋がおかれていることも多いとか?

「チョコが好きなひとはだれでもどうぞ!」ってことなんでしょうネ。

そうそう、このチョコのいいところ、まだありましたよ。

一枚ごとのパッケージの裏にチョコにかんしての一口メモが書いてあるんです。
これまで何袋となく買っていたのに、目にも止めなかったんだから、
いかに食べることのほうが先かってことですよね。笑

くわしくは、「チョコレートライブラリー」


3つ紹介します。(明治ミニチョコレートより引用)

●チョコレートの原料、カカオの木はちょっと不思議?
木の幹や枝に直接ラグビーボールのような実がなる
珍しい植物なのです。


●カカオ豆はラグビーボール型のカカオの実の中に
20~50粒くらい入っています。


●チョコレートに含まれているココアバターはカカオ豆から
搾り出した植物油脂です。


今度、たべる機会があったら、ぜひ裏側にも目をとめて2倍楽しんで
食べてみては?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ